ソラマメのあれやこれや

本当にあれやこれや

猫カフェに行った話

 

梅田付近にある猫カフェ、フクロウコーヒーに行ってきました。

店の前につくと、店員さんが開けるまで待ってねみたいな感じだったので、ちょっと待って開けてもらった後料金を支払い入店。

飲み物はデトックスウォーター(洒落たレストランとかにあるでかいボトル水になんかいろいろ入ってるやつ)とホットコーヒーが置いてあるのをセルフで紙コップに入れて飲む感じでした。

デトックスウォーターを紙コップに入れて猫の待つ2階へ。

2階へ上がると沢山の猫が部屋中に。。。

その内の半分くらいの猫ちゃんがお昼寝中でした。

僕は持っていたデトックスウォーターを飲み干し紙コップをゴミ箱へ捨て、座り込んで猫へ近づき背中をひと撫で。

 

めっちゃモフモフしとる!!

 

猫を愛でていたら店員さんがフクロウを連れてきて、部屋の中央にあるステージ(お風呂のイスくらいのサイズ)にちょこんと座らせ、元々ステージで眠っていた猫との2ショット写真撮影会が開始。

お姉様方に囲まれ、まるでアイドルかの様な人気を誇る撮影会。みんなこっち向いてこっち向いてと大人気。

f:id:soramamepkmn:20181029213433j:plain

全くカメラに動じない猫さんとフクロウ。プロの貫禄。

撮影会を終え、無限に猫を撫で倒す僕。

寝てるやつも起きてるやつも誰を撫でても嫌がらない(流石に嫌なところを触るとヤダって顔をする)。ここが天国か。

しかし、周りの人達が課金兵器を投入。

f:id:soramamepkmn:20181029213616p:plain

(1本 100円)

何か怪しい薬物が入ってるのではと思うほどの猫まっしぐらっぷり

寝ている子達もみんな起き出す。

ちゅーるを持った途端に群れバトルが始まる。ポケモンのあまいミツと同じ効果だ。

撫でている猫達もお前に興味はないと言わんばかりにちゅーるの方へ。

悔しいが負けだ。おやつの魅力に勝てるわけが無いのだ。

そんな中も端っこの方で猫を撫で続ける僕。

f:id:soramamepkmn:20181029213844j:plain

しかし、連れが遂に課金に手を出す。

もちろん、僕の撫でていた猫もまっしぐら。

結局、非課金ユーザーでは課金ユーザーに勝てない。そんなソシャゲあるあるを実感。

また、僕は思った。猫達は賢い。ちゅーるを献上する時はスプーンを用いるのだが、彼らはスプーンを手で押さえつけながらちゅーるを食べる。

f:id:soramamepkmn:20181029213744j:plain

ほかの猫には一切やらないという気持ちがすごい。

さらには、彼らはちゅーるの本体から直接ちゅーるを奪い取ろうとしてくる。

連れのちゅーるがなくなると時間(60分)もなくなり、僕は立ち上がる。
そして気づく。服毛まみれやん。。。

黒のズボンを履いていた僕。猫の毛が目立ちまくって仕方ない。

退店前に出入口に置いてあるコロコロ(粘着カーペットクリーナー)を使用。一枚では足りず二枚も使用。

猫の毛を取りきり退店。

感想

メチャクチャ猫可愛い以外の感情が湧かないくらいに猫が可愛い。

1時間があっという間だった。

カフェっていうけどほぼ飲み物飲んでねえ。

こういう文書くの初めてなんですけどめっちゃムズイですね。